ぽんた

どうも。日常で為になったことや、エピソードを伝えていきたいと思っています。よろしくお願いします。

はてなブログからWordPressへの移行

はてなブログWordPressのメリット、デメリットを考えて、WordPressへの移行を考えています。

やはり、クリエイティブなものを作るのにはWordPressの方が適していると考えたからです。

期間はまだあるので、それまでははてなブログを読んだり、記事を書いたりを楽しんでいきたいです。

 

笑うことがなによりも大切なことだと思った

f:id:tomoya-15-7-7:20190528182946j:plain

僕は、常に考えていることがあるのです。

なぜ、こんなにも娯楽が溢れていて、大半の人が餓死することもなく最低限の生活が保障されている日本という国で、大半の人は不幸を感じていて、自殺する人が多いのか。

そこにはやはり人生観がかかわっているように思えます。

小学生には、将来の夢を抱き
中学生には、自分に向いているものを探し始める
高校生にもなると自分とは何かを求めるようになったり
成人には社会の怖さ、将来の不安を考えたり
就活、社会人一年目には、自分の価値について考えたりする。

こうして自分が人生と向き合っているうちに時は流れ、気づいた時には「こんなはずじゃなかった」「こんな人生は嫌だ」と自分の思い描いていた人生設計が崩れていくのを悲しみながら生きている。

どうすれば、このような考えから脱出できるのかと考えました。

 

 

 

ぼくは、いろんな人を観察して、確固たるものではないですが、幸せオーラを出している人たちに共通しているものを見つけました。

 

それは、「笑顔」 です。

全員笑っているのです。

ここでいう笑いは、居酒屋で友人と大声で笑いあったり、仕事で上司に媚びるときにでる笑いではありません。

あの、「二ヤッ」 とした顔です。

 

f:id:tomoya-15-7-7:20190528185604j:plain

 

有名なスティージョブズさんの写真です。

こういう顔です。

いかにも自信ありげな、そして楽しそうな顔です。

この画像を見て、

「この人は何かに悩んでいるんだろうな」「人生楽しくなさそう」

なんて思わないですよね。

 スティージョブズさんのみならず、成功者と呼ばれる人たちのプロフィールを見ていると、全員がこういう顔をしているのが目に移ります。

そう、冒頭の写真のような笑いは一時的なストレス解消でしかなく、

僕が伝えたい笑顔というのはこういう「ドヤ顔」のことです。

何故、ドヤ顔がいいのかということについて考えてみると、

「自信がつくから」だと思います。

そして、自信がつくと、「物事をポジティブに考えられる」

人生はポジティブに考えたほうが、当然うまくいきますよね。

こういうサイクルの恩恵を受けられるのが笑顔のいいところですよね。

そして「笑顔」のもう一つの利点として、周りの人間にもいい影響を与えるということ。

人と会話するとき、相手が意識する大部分は顔。

この時点で、笑顔は会話のなかで最重要の要素です。

あらゆる自己啓発本をまとめた総集編といえる、大ベストセラー本「7つの習慣」でも、win-winの関係を作れと書いています。

笑顔になることで、自信がつく。相手も不快感を感じることはない。

まさにwin-winの関係です。

 

 

しかし、「笑顔になることなんてできない」「そんな余裕ない」という時もあります。

そういう時はYouTubeなどで自分を笑顔にしてくれる、笑わせてくれる動画をみたりするのがいいと思います。

人間何故か、心の底から笑った後は自然とポジティブになれる特性を持っています。

逆に心の底からではない笑いのあとにはかえって虚しくなる傾向があります。

もう、自分をだまして笑うのはやめて、心の底から笑顔になるものを見つけようと僕もおもいました。

そして、常に笑顔を意識しようと思いました。

 

 

探してみれば、人生の最後でさえも笑っている人の記事をたくさん見かけます。

人生、これで良かったと思える人は最後に笑顔で死ねる人なのではないでしょうか?

人生で大切なのは笑うことなのだと凄く考えさせられました。

 

 

 

 

 僕のおすすめの本「7つの習慣」

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 
7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

 
まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

 

 

【2019年最新版】勉強中にオススメの飲み物はたった3つだけ

 

飲み物は選んだほうがいい

 

ネットなどを見ると、

受験生にオススメの飲み物!とか

記憶力アップ!とか

色んな情報が書かれているのを見ことがあるだろう。しかし殆どが確信的な研究結果もなしに、自身の体験だけで語っている例である。

それでは万人に当てはまるとは限らない。

ただし、勉強中は食べ物や飲み物にも気をつかっている人が多いことだろう。

そこで、大多数をサンプルにした科学的実験においては全ての人に効果があると判っている飲み物がある。

それは世の中で3つだけである。

 

 

効果的な飲み物

コーヒー

緑茶

である。

これら以外ははっきり言って効果自体はないと言っていいだろう。

エナジードリンクは効果があると思い込んでいる人が多いと思うが、エナジードリンクに含まれる栄養素のなかで実際に適量が吸収されているのはカフェインのみ。それと大量の砂糖。あとは殆ど吸収されずに尿となって体外に排出される。

そもそも、しっかりと吸収されるのであれば、

「尿が黄色くなることがあります」

などわざわざ書かれていないはずだ。

エナジードリンクにはほとんどこの文章が書かれている。

水は集中力を高めることが大学実験の論文で分かっている。詳しいことはググって欲しい。

こまめに水を少しずつ飲むことが大事である。

20分おきぐらいに、2、3口程度。

緑茶に含まれるカテキンは記憶力向上に効果がある。しかもよく吸収される。他のお茶は効果はない。緑茶を飲もう。

コーヒーはカフェインの代名詞と言っていいだろう。知っての通りカフェインは集中力増加と記憶力向上に役立つ。余分な成分が入っていない、オーガニックコーヒーを飲むことがオススメだ。

そして朝にコーヒーを飲むことで1日の作業の生産性が向上したという海外の大学の研究が話題になっている。面白いところは、昼や夕方だと効果が薄かったというところである。なので、朝に一杯のコーヒーを飲もう。

 

以上から万人に効果があり、期待できるのは水、緑茶、コーヒーの3つである。

エナジードリンクとか飲んでいる人は今すぐにでもやめたほうがいい、お金の無駄でしかないだろう。

 

将来に役に立たない『教科』がある

結論から言って古典である

f:id:tomoya-15-7-7:20190527174220j:plain

本当に一番意味がないと思う。古典は僕が思うに一番役に立たない教科だと、自信を持って言えるほどである。

 

しかし、これらの反論が出てくるだろう。

 

「役に立たない教科なんてない!!」

「学校で習う教科に無駄なものは何一つない!!」

 

そう言う人たちに僕はもう一度言いたい。

いや、古典は役に立たない。

僕の主観なりに、何故古典が役に立たないのかということについて考えたことをこの記事では書いていきたい。

 

 

 

 

1.将来触れることがない

古典作品は、趣味で読んだりする以外で触れることはまずないだろう。対して現代文や小説は目にする機会が多いどころか、嫌でも目に入るであろう。つまり、現代文はこれからかかわっていくので読解力が必要であり、それを学ぶのが現代文という教科。対して、将来関わらない古典の読解力は必要ないので、それを学ぶ古典という教科は必要ないということになる。

 

 

2.死語を使っている

古典で習うのは、古文単語や漢文の句形などであるが何のためにそれらを覚える必要があるのか?恐らく、テストでいい点を取るためでしかないと思う。それ以外に価値がないのは、古文単語は死語であるからだ。漢文の句形なども同様で死語を学んでも現代に生かせることはない。つまり時間と労力の無駄なのである。僕は、その時間を外国語や数学に充てるべきだと思う。

 

 

3.省略された話

「先人の教訓を学べるので役に立つだろ!」と言う人たちがいる。それは孔子孟子荀子、などの諸子百家の方々、それとも平安貴族の人たちのことだろうか?先人の教訓を学びたいのなら、その人たちにまつわる文献を読めばいいのではないか?教科書や高校で使われる参考書では頁の都合上、省かれている部分が多い。学校の教科書に載っている一部分だけをほんの少し齧った程度で先人の生い立ちや教訓を理解した気になっているのは少し違うと思う。

 

 

4.理系の人たちへの必要性

特に理系の人たちにとっては古典ほど何故勉強する必要があるのかと思う教科はない。大学受験において理系の人たちが古典を受けるのはセンター試験しかない。それ以外は定期テスト以外で試されることはない。なのに、何年も勉強するのである。これはばかばかしいことだと思う。

 

 

5.差がつかない

センター試験の古典といえば、点が取りやすいで有名である。これはその通りである。結局、古典は点が取りやすい教科なのだ。何故なら国公立二次や私立文系の試験と違って記述問題がなく、単語と解法の暗記だけで点が取れるからだ。一か月の勉強でセンター試験9割が可能といわれているぐらいである。つまり、差がつかないのである。差をつける試験に差がつかないのは、どうかと思う。

 

 

6.入試科目にない

国公立試験や私立大でも古典を廃止している学校が増えてきている。現代文はほとんど全ての学校で必須なのにかかわらずだ。この状況で考えると、ほんとにセンター試験の為にあるようなものだ。将来使わないような知識をたった一度の為に暗記する。しかも、みんな点を取ってくるから自分も疎かにはできない。だから時間をかけなければならない。

 

 

 

 

まとめ

ここまでが、僕の偏見と主観だけで考えた古典のいらない理由です。ちなみに自分は古典に親を殺されたわけでもないし、先人達の思想もどちらかというと興味はある。僕が言うのは学校の授業の古典という教科だ。古文単語なんてほとんど覚えてないし、生かす方法もない。以上から古典は必要ない教科だと思いました。異論は大歓迎です。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

よろしければSNS等での拡散もお願いします。

 

 

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる!!

f:id:tomoya-15-7-7:20190402213654j:plain



 

 

はじめに

  • なぜ、自分には行動力がないのか?そうおもったことはありますか?そんな悩みも今日で終わります。それも、10秒で。
  • 行動力はちょっとしたコツとマインドの使い方で変わるのです。10秒のマインドチェンジができれば、あなたの行動力は自然と上がり、人生を変える力になるはずです。
  • この記事では、結局「すぐやる人」がすべてを手に入れる!!というベストセラー本を一読して、要点を簡潔にまとめ上げたものを厳選しました!!この本は有名な成功者の誰もが口を揃えて言う、行動の大切さについて深く踏み込んだ本で、行動力という部分にフォーカスを重視しています。さて、いったい行動できる人とできない人の差とは何なのでしょうか?能力、知識、学歴。本当にこれらが大きな違いを生むのでしょうか?それとも...?

すぐに行動できない人の習慣

すぐに行動できない人が普段からやっている習慣についてまとめてみました。

 

 

1.自分をフリーズさせる癖がある

頭の中で、自分が失敗してしまった時のことを考えてしまうことで、行動にストップをかけてしまうというのが、思考が行動にストップをかける、フリーズ(思考停止)状態です。この対処法として、自分の心の中の不安や、葛藤を全部紙に書き出すといった方法があります。そして、そのあとすぐに忘れることです。一番有効なのが寝る前に、不安や葛藤の内容を捨ててもいい白紙の紙に雑殴りのように書いて、そのあとすぐ寝ることです。そうすることで、翌朝から頭がすっきりし、ゼロベースで物事を考えられるので、行動できる状態になります。

 

 

2.自分の力だけで解決しようとする

行動できなくなる原因には「自分だけの力でなんとかしよう。しかし解決するのに時間がかかる」ということが多いのです。確かに自分だけでやり抜くのは美徳かもしれませんが、自分ひとりにかかる負担が大きくなって、行動しない自分の出来上がり。なんてのはよくある話です。大切なのは、「自分以外の力」を使うことです。いうならば「他力」です。具体的に何に頼ればいいのか...となりますが、具体的にではなくて抽象的に考えてみましょう。ヒト、モノ、カネ、知識、情報、スキル、ノウハウといった7つの他力の中に必ず解決策は存在します。

 

 

3.3つの不安を持っている

ここでいう3つの不安とは、過去の失敗体験を引きずり、動けなくなっている状態である「過去にとらわれて陥る不安」、今後うまくいかないと想像して動けなくなる「未来にとらわれて陥る不安」、現状の自分に何も見いだせずに起こる「現在にとらわれて陥る不安」、誰しもが不安を抱える時に最低でも一つはこの中から当てはまります。そして、現在の結果は、過去の行動の結果であり、結果にとらわれて不安になると、未来を切り開く一歩が踏み出せなくなります。このように、3つの不安は密接に繋がっています。ですが、過去は変えることは出来ませんし、未来を恐れてもいいことはひとつもありません。大事なのは現在。現在に集中することが何よりも大事なのです。

10秒で行動する人の思考法

すぐに行動している人の思考法を自分のものにし、学ぶことでどんどんマネをしていきましょう。

 

 

1.常に頭に見取り図を描いている

行動する人は、とにかく行動量が多いです。それを可能にしているのは、頭の中の見取り図です。できる人は、常に頭の中に「見取り図」を描いています。「見取り図」は、実際に絵や地図にまとめている人もいますし、頭の中で想像している人や箇条書きや文章にしている人もいます。その形式は様々ですが、まさに「見取り図」と呼ぶのにふさわしいものを持ちながら仕事をしているのです。

「見取り図」には必ず、「現在地」「行程」「目的地」の3つが含まれています。そして、ゴールにたどり着くまでのプロセス、可能性を可視化しているのです。ゴールにたどり着く「見取り図」を持つことで、確実に早く目的地へ着くことができるのです。しかも、予想を超えて早くつくことだってあるのです。

 

 

2.失敗を考えない

成功者と呼ばれている人たちは、行動力がずば抜けて高いです。そして、成功者の中の100%の人たちが失敗を考えていないのです。思考は現実化するといった言葉があります。これは、ただの迷信などではなく、科学的な実験結果をもとに効果がわかっているので、ちゃんとした根拠があります。人は意識を向けた方向に進む、という性質があるのです。つまり、無理やりにでもポジティブになれ!!ということです。少しでもネガティブなことが頭をよぎれば、それを全力で払拭してください。そうして、ポジティブに考える癖をつけましょう。「成功するために行動する」ことを徹底的に考えてみましょう。そして、失敗をかんがえないことが大事です。人生は、ポジティブになったほうが絶対にうまくいきます!!

 

 

3.能力なんて皆ほとんど同じと考えている

大体、集合体の中の人たちの能力はほとんど同じといえるでしょう。偏差値が高い学校は、学力の高い人たちで構成され、低い学校は、低い人たちで構成される。会社も、能力が高い人ほど大企業に行くというイメージです。こういったことは常識でありますが、この常識を覆すのが行動力なのです。もともと、人間の能力なんて変わらないものであることを分かっているから、差別化を図るために行動するのです。行動しなければ変わらないということを知っているからです。待っていては、周りと同じでしかない。周りと同じでありたくないからこそ、行動するのです。

10秒マインドチェンジ

自分の行動を決めているマインドを変えましょう。マインドがかわればこうどうできるひとになります。行動できないのも、行動しないのも、行ってしまえばすべて気分で決まります。

 

 

1.思い出すだけ

まず、腹が立ったときのことを思い出してください。昔のことでも、最近のことでも結構です。「お釣りを間違えられた」とか、「料理の注文がすっぽかされていた」とか、どんなことでも構いません。思い出してだんだん腹が立ってきたところで、大笑いしてください。できるだけ大げさに、声をあげて笑ってください。いかがでしょうか。腹正しい気分はどこかにすっ飛んでいきませんでしたか?あなたは今、この本をお読みになっているのであって、決して腹の立つことが目の前に展開してはいませんでした。それにもかかわらず、あなたは腹立たしい気分を味わっていたのです。気分はエピソードを思い出すことで、呼び起こすことができます。つまり、過去の体験を思い出すだけで気分をかえることができるのです。

 

 

2.思い描くだけ

最高の気分をつくるにどうしたらいいのでしょうか?ここでは、これまでのいろいろな場面を思い出してもらいながら、問題を考えてもらいます。実際に経験したこと以外でも、未来のことや他人の気持ち、その場の状況を俯瞰して見える風景なども思い描いてもらいます。これが視座(ものを見る視点と立場)の転換です。これを行うとあっという間に気分が変わります。あなたもこの視座の転換は体験しているはずです。たとえば映画をみたあとは、何か気分が変わっていませんか?アクション映画を観たあとと恋愛映画を観たあとでは、それぞれ異なる気分を味わっていることでしょう。それと同じです。脳が何かを見ると、気分は簡単に変わってしまいます。気分を上げたいとき、ビジネスで大成功している姿、南国のリゾートでリラックスしている自分の姿などを、ありありと夢想してみてください。

 

 

3.身の回りの環境を変える

気分というのは、環境によっても大きく影響を受けてしまいます。嫌な友人と一緒にいれば、気分は下がるし、自分の身の回りがゴミだらけなのと、きれいな状態では、大きく気分が違うでしょう。つまり、環境を変えることで、「気分」を変えることができるのです。そこで、「場所を変える」といったことをしてみてください。10秒でいいので、ちょっとその場を離れてみてください。トイレに行くふりをして、屋外の空気を吸ってもいいですし、ちょっとトイレの個室に入って、気持ちを落ち着かせてもいいかもしれません。その場所や空間に刺激のもとがあります。その場所に居続けると、感情がかき乱され、気分が落ち込むのなら、その場を離れてみるのです。突発的な怒りに対してはそのように対処するといいでしょう。長期的な気分転換ならば、デスクの環境を変えてみてください。気分の良くなる小さなものを置いておきましょう。自分の好きなマウスパッドや卓上カレンダー、文庫本を置いたり、パソコンの壁紙や鞄や服などを変えたりして、あなたがあなたらしくいられる環境づくりをしましょう。環境は非常に重要です。今いる場所が、ホームになれば、自分の最高のパフォーマンスを発揮できます。自分のデスクが、気分の良い空間になれば、会社に行くのも楽しくなるはずです。自宅で鬱々とした気分に包まれてしまったら、部屋の整理をして、部屋の雰囲気を変えることで自分の感情を変えるのもいいでしょう。

 

 

終わりに

ここまで紹介した内容は、著書「結局、すぐやる人が全てを手に入れる」の一部を抜粋、加筆、補足説明をしただけであり、内容は30パーセントも紹介できていません。そして、50冊以上の自己啓発本、ビジネス書を読んできたから気づいたことがあります。それは、書き方や表現の違いは違えども、必ず、「行動することが大事」と書かれているのです。いろいろな本をはしごしてきた人ならわかると思いますが、「また行動かよ...」「結局行動かよ...」とうんざりしていることでしょう。僕もそうです。でも大丈夫。まずはゆっくりで大丈夫です。一歩一歩歩くことも行動。瞑想することも行動。疲れたら休むことも行動。10秒マインドチェンジからはじめてみるのもいいでしょう。そして、一つ大きな行動につなげてみませんか?嫌な奴と縁を切ることも、面白くない仕事を辞めることも行動です。こうして、自分のペースで少しずつ行動していってください。行動しなければなにもおこりませんが、行動すればなにかしらの結果が生まれます。そして、行動をすれば人生が豊かになることは間違いありません。以上です。よろしければSNS等での拡散をしていただければ嬉しいです。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

 

 

 

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる (青春文庫)

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる (青春文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度はてなブログを再開する

はてなブログから離れている毎日を送っていました。

どうも、ぽんたです。

ほとんどTwitterでしか情報発信をしていませんでしたが、僕の読者さんは毎日発信していて凄いなぁと思いました。

 

そこで、心機一転いたしまして、はてなブログPROに変更しました!!

 

有料化させることで、逆にサボれなくなくするという戦法です!!(笑)

 

今伝えれることは、今しか伝えれない

 

こういった想いを抱き、これからも多くの記事を書き、多くの記事を読み、多くの人と繋がりたいと思います!!

 

話が変わりますが...

昨日、千葉県で震度5の地震がありましたね。

 

正直テクノロジーが発達した今だから言えることですが、なんでこんな場所に国なんか作ったんだ!?って思いますね。

日本は地震が頻繁に起こる国であり、津波の危険性が高い国です。

そして、地震は日本国全域で起こる災害です。

明日は自分の地域で起こるかもしれないのです。

明日は我が身ってやつですね...。

 

地震は忘れた頃にやってくる ですよ...。(;_;)

 

 

これからの話になりますが、

PROにして有料化したからには、質のいい記事を書きたいと思っています。

 

他のブロガーの方々の記事を見ると、

文字だけでなく様々な見やすい工夫がされているのが分かります。

 

僕も見やすい記事を書けるように、一から勉強し直します。

むしろ、今まで勉強していなかったので、これから

勉強していきたいです。

 

それでは、また!!

 

 

 

大学なんて行かなくていい理由を超わかりやすく説明します!!

大学に今一つ面白くない、飽きた、行きたくない・・という思いを抱いていませんか?

仮に抱いていなくても、漠然と感じてはいることでしょう。

少なくとも、この記事を開いた人には!(笑)

そして、ネットで

大学 行きたくない

とか

大学 意味ある?

とかみたいなのをネットで検索しているのではないでしょうか?(笑)

正直に行って、大学に行くか、行かないかの基準は、

楽しいか、楽しくないか だと思っています!!

だって、大学なんて企業へ人間を「納品」する「工場」なんですから

こんなところ、楽しくなけりゃ行かないほうが本当にいいです!!

あなたは、このまま搾取される側の人間になって、サラリーマンと同じようなお先真っ暗な人生を歩みたいですか?

詳しくは、後日にまた書いていきます